• ABOUT
  • ネオウーマンについて

about_title

もしも 今 あなたが
自分に合うワークスタイル・ビジネススタイルを
自身のチカラで創ろうとしているならば
NEOWOMANが役に立ちます

 

NEOWOMANは
あなたが
自身の事業・サービスをより広く多くの方に届けることと
目標や指針となるロールモデルに出会うことを
サポートします

 

1000人いれば1000種類のスタイルがあって良い

 

あなたならではの ビジネススタイルを
生み出し 育て 発展させて下さい

 

ネオウーマン事務局よりご挨拶

about_kikukawa

多くの女性が、目の前のひとの役に立ちたい、不便や不理を解決したい、そんなささやかで真摯な想いから、自分ができることをもって起業するのを見てきました。 同時に、その肝心の事業を伸ばせず、立ち止まってしまう方もまた多く見続けています。
女性の起業家・経営者に不足しがちなのが、事業をシナリオ化する力と、長期の視点で自分の器に合う事業規模を目指す意識と、道標になるロールモデルとの出会いと、宣伝発信プロモーションの資金。
NEOWOMANは、このうちの、ロールモデルの紹介と宣伝発信のサポートを担います。
想いを持ってビジネスの世界に足を踏み入れ、自らの力で事業を形にしようとしている方のバックアップに役立てるなら幸いです。

 

about_kikukawa

事業立ち上げサポート・メンタリング 株式会社アイエス 代表 菊川朱美
http://ayes.co.jp/

大阪大学歯学部附属歯科技工士学校卒。元情報誌編集、小規模事業所の取締役を経て出産。
育児中に、ネットショップ・企画制作などを手がける自宅ひとり起業で年商3000万を目前にするも、激務で倒れてドクターストップ。

休養中に女性起業塾を行う会社の起業家マガジンに編集長として関わる中で、女性が仕事で伸びる鍵はメンタルにあると感じて心理を学び、事業立ち上げサポートとメンタリングを専門とする株式会社アイエスを設立。
女性こそ、ライフスタイルの変化にしなやかに対応しつつ、生涯を通じて働いていくには、助け合えるチーム・スタッフを持つ会社の形が適切との信念の元、【女性が生涯を通じて働ける社会の創造】をテーマに、今居る場所で出来ることから始めて小さな会社に育てる“てのひら起業”を提唱。100名の事業家・経営者創出を目標に、邁進中。


about_takehara

NEO WOMAN もお蔭さまで5年目を迎えます。
メンバー登録の「インディ」はインデペンデンターからの愛称で、「自立する」と、まず自分で決めたひとたちの集まりです。
起業することだけが自立ではありません。
主婦の方、企業にお勤めの方が、自分自身の中でコミットメントするところがスタートです。
そして、そこから始まる行動のヒントが、NEOWOMANです。
覚えていて下さい、いつか「あなたの活き方が、誰かの生き方のヒントになる」日が来ることを。

 

about_takehara

秘書総合研究所 代表 竹原佑子
http://www.hisyosoken.com

大手電機メーカーを経て中小企業へ。
大企業と中小企業との間でギャップを感じながら、営業事務、電話オペレーター、総務、人事、営業などを経験し、新規立上げ企業の社長秘書となるが会社が休眠。終始気を使う秘書はやめようと、総務事務へ就職するも、使命感から、やはり社長秘書の職に返り咲き。
無欠勤で陰日なたに社長を支え続ける反面、その社長が帰られたあと、ストレスから胃痙攣をこしたり、張りつめた緊張感が解けず眠れない日も多かった。そんな時ふと思ったのが、「心のうち話せる人がいない」。
守秘義務を伴う秘書業務とは、人知れない責任は計り知れないのに、なんと孤独なことか。
後に、そんな経験をしている秘書は自分だけではないことを知り、後輩秘書や現役秘書たちに何か役に立てる事はないかと考え2011年、秘書のメンタルケアを含む【秘書総合研究所】を立ち上げ。
「秘書のための座談会」 / 「秘書のための起業相談」「秘書の取扱い講座」 / 「社長の取扱い講座」 など、これまでに培った、数多くのビジネス系講座や交流会の企画・運営・実施で出会った人との「縁」をつなぎ、人脈を有効的に活用する“接着業”までを提供できることが、他社にない独自性として信頼され、告知と同時に、秘書の育成依頼から秘書代行業務まで、数多くの打診が相次ぎ、多忙な日々を送っている。


about_mima

「ネオウーマンという石ころ」
20代半ばの女性が大学卒業後、フリーデザイナーとして起業。
目前の課題は、これからどうやって仕事を取っていくか、事例を作るか、スキルを磨くか…。
不安も多いでしょう。同時にあらゆるチャンスを目の前にして
自身の可能性の拡がりに胸をふくらませてもいるでしょう。
 
フリーのデザイナーとして永年仕事を続けてきた40代半ばのベテランは、
自身の仕事に対する立ち位置を見つめなおすという岐路に立ち、
時流の中で伸びやかな感性を発揮するであろう後継者に、バトンを繋ぐことを視野に入れています。

これは私自身、最近の実体験。
私が思う「ネオウーマン」のかたちのひとつは、こんなです。

仕事のジャンル、キャリア越えて、互いが必要とするときに出会う。寄り添うときに寄り添う。
同業種に限ったことではありません。興味ある異業種、生き方。
ネオウーマンは、それらにダイレクトに繋がるチャンネルをいろんな形で用意しています。
そこには、仕事やビジネス、生き方のヒントやチャンスがごろごろ転がっているはずです。
その、チャンスという石ころをどうぞ拾って持ち帰ってください。
そしてその石をご自身で磨いてください。

 

about_mima

ミックスマックスデザインスタジオ 代表 美馬 晃子
http://mix-max.net

グラフィックデザイナー/嵯峨美術短期大学(現京都嵯峨芸術大学)生活デザイン科卒。
インテリア室内装飾会社のデザイン室、グラフィックデザイン事務所を経て、フリーランスとして活動。
本の装丁、パンフレット、ポスターなどさまざまな紙媒体のデザイン、ロゴを始めとするCI開発、よりユーザーの視線に近いパッケージデザインやセールスプロモーション企画など、幅広いデザイン展開を行う。
近年は、ブランディング強化にシフトチェンジ、ゼロからのプロジェクト起ち上げ事業の制作ディレクターとして活動。

 

メンバー募集

about_bosyu

 

header-contact