• omoibito
  • 書籍「想いびと」取扱店募集

toriatsukai_image

 

2011年~2015年発刊分4冊 4,000円(税別・送料込み)にてお買取頂きます。

arrow_pink

→店舗、オフィスなどで1冊1,500円(税別・送料込み)にて、設置、販売ください。

arrow_pink

詳しくは問い合わせフォーム、もしくはお電話(078-995-8244)にて


header-contact

book_messe


book_copy

 

女性1000人で未来は変わる1000人の働く女性、ロールモデルを世に送り出す。
NEOWOMANは、そんな趣旨を持って、毎年、多種多様な仕事・人生・考えを持つ女性を
紹介する書籍の出版や、フォーラム・SEEDカレッジの開催などに取り組んできました。
特に書籍は、NEOWOMANが一番に取り組んだものでありずっとこだわり続けたものです。
なぜなら、書籍は他の紙媒体と違い、長く手元に残したり、読み終えた後に、
誰かに読んでみればと手渡していく特性があるから。
言葉は、関心のないときには 決してその人の心には届かないものですが、
ある時ふと思い立ってもう一度、書籍を手に取り、
ページをめくった時、そこに記されている一言が、
その人の芯を支える力となって、染み渡ることもあります。
時と場所を越えて、手から手へと手渡り、
必要なときに必要としたひとの心のひだに
そっとチカラを届けることができる、
その人が自分で自分を活かしていく力を得ることになる。
これは、書籍にこそ出来ることなのかもしれません。

 

そんな、毎年1冊づつ発刊を続けてきた “想いびと”シリーズですが、現在まで書店では流通させていません。
理由はひとつ。書店に流通させようとすれば、大量に生産して、大量に返品が返ってきてしまうから・・・。
今、日本の書店では、1日300冊の新刊本が納品され、早いものは1週間で返品される・・・とも言われています
大量に生産するには、それだけのコストが掛かり、そして、そのコストは無駄に終わります。
それは、時と場所を越えて手渡っていく…というNEOWOMANの意図には沿いません。

 

ずっと思っていました。「書籍を扱うのは書店でなくてもいいのではないか」。
想いで出会い、共感で繋がり、志で高めあう。NEOWOMANのコンセプトに添って言うならば
この書籍“想いびと”で出会う私たちがNEOWOMANという取り組みを通じて繋がり互いの行動によって、
互いに高めあえる、書籍はそんな循環の中に置きたいと思います。

 

ロールモデルたちは 自身の活き方を通じて 誰かにヒントを手渡します。
NEOWOMANは そんなロールモデルの存在を 書籍にして手渡します。

 

これらの想いを、身近な方に手渡す役割を担ってくださる方、手を上げて下さいませんか?

 

3者の、それぞれの志が、互いを高めあう循環にご協力・ご参加をよろしくおねがいします


bookbtn